でょおのフューリアスなブログ

ワイスピシリーズを愛するでょおの完全非公式なファンブログです

【ワイルドスピード】に使われたラテン系挿入歌、レゲトン楽曲まとめ

【ワイルドスピード】に使われたラテン系挿入歌、レゲトン楽曲まとめ

どうもワイスピブロガーのでょお(@dyo_blog)です。

ワイルドスピードってなぜかラテン系の挿入歌が多いですよね。シリーズの主人公ドミニクは親戚にキューバ人がいたりするのでやはりラテン系出身なんでしょう。ヴィン・ディーゼル本人はイタリア系だそうですが…

というわけで今日は映画ワイルドスピードシリーズでこれまで使われたラテン系挿入歌を勝手にランキング形式でご紹介します。

ではどうぞ!

 

 

そもそもラテン系って何よ?

曲紹介する前に軽く「ラテン系」という言葉についてご紹介したいと思います。

ラテン系、ラティーノと呼ばれたりしますが。ラテン系と言うのは「ラテン系言語を話す民族のこと」だそうです。

ただ日本でのイメージだと、どちらかといえばメキシコ系のヒスパニックやポルトガル系のことを指す場合が多いですよね。

ラテン系言語を話す人=ラティーノならフランス人もラテン系、イタリア人もラテン系になります…。

 

さてうんちくはこの辺りにしときましょう。定義なんてどうでもいいんすよ。ワイルドスピードで流れるイケてるラテンっぽい音楽ならそれでいいんです。

 

Con Locura feat. Jiggy Drama/Sua

※再生ボタンで再生できます

 
コン・ロクラ (feat. ジギー・ドラーマ) - SOHANNY SUAをiTunes Storeで購入する

  • 使用された作品『ワイルド・スピード EURO MISSION』

 

My Angel/Prince Royce

※再生ボタンで再生できます

 
My Angel - プリンス・ロイスをiTunes Storeで購入する

  • 使用された作品『ワイルド・スピード SKY MISSION』

「My Anagel」を歌うプリンス・ロイスはアメリカニューヨーク出身の歌手なので正確に言うとラテン系じゃない気がしますが…。

とはいえドミニカ系アメリカ人ですし、歌詞もスペイン語で歌ってる部分もあるので含めました。

甘い歌声とマスクで女性人気高そうなセクシーボイスです。

 

Ay Vamos/J. Balvin

※再生ボタンで再生できます

 
Ay Vamos (feat. Nicky Jam & French Montana) [Remix] - J. バルヴィンをiTunes Storeで購入する

  • 使用された作品『ワイルド・スピード SKY MISSION』

日本でも人気のメデジンのコロンビアン歌手Jバルヴィン。レゲトンキングとも呼べるでしょう。

ワイルドスピードで使用されたのはニッキー・ジャム&フレンチ・モンタナが客演にされたリミックスバージョンですね。 

Meneo/Fito Blanko

※再生ボタンで再生できます

 
Meneo - Fito BlankoをiTunes Storeで購入する

  • 使用された作品『ワイルド・スピード SKY MISSION』

ワイスピ7のラスト、海岸のシーンで流れる曲ですね。パナマ人の血を引くフィト・ブランコの爽快なナンバー。ワイルドスピードの中でも人気の高い曲ですね。

MVではマセラティでブイブイ言わせながらセクシーなお姉さん達が踊りまくっております。

 

Bandoleros feat. Tego Calderon/Don Omar

※再生ボタンで再生できます

 
バンドレーロス (feat. テゴ・カルデロン) - ドン・オマールをiTunes Storeで購入する

  • 使用された作品
  • 『ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT』
  • 『ワイルド・スピード MAX』
  • 『ワイルド・スピード EURO MISSION』

ワイスピのラテンソングと言えばやっぱりこれでしょう。多分ほとんどの人が「あぁーこれこれ!」と言う歌ですね。

分かりやすいところで言うと『ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT』でヴィン・ディーゼルがカメオ出演しているシーンで使われています。

歌ってるのは『ワイルド・スピード MAX』以降ファミリー入りしたサントスとレオをそれぞれ演じた、ドン・オマールとテゴ・カルデロンです。

 

Blanco feat. Pharrell Williams/Pitbull

※再生ボタンで再生できます

 
Blanco (feat. Pharrell Williams) [feat. Pharrell] - ピットブルをiTunes Storeで購入する

  • 使用された作品『ワイルド・スピード MAX』

我らがお祭り番長、ピットブルがファレル・ウィリアムズをフューチャーした作品。予告編で使われていたのか、エンディングで使われていたのかよく覚えていませんがめっちゃ耳に残ってる。

 

Krazy feat. Lil Jon/Pitbull

※再生ボタンで再生できます

 
Krazy (feat. Lil Jon) - ピットブルをiTunes Storeで購入する

  • 使用された作品『ワイルド・スピード MAX』

こちらもPitbullの曲。多分、この当時流行ってたラテンラッパーだったんでしょうね。なんとなくそうだった気がする。この前後、どこもかしこもピットブルだったわ。

 

You Slip, She Grip feat. Tego Calderon/Pitbull

※再生ボタンで再生できます

 
ユー・スリップ、シー・グリップ (feat. テゴ・カルデロン) - ピットブルをiTunes Storeで購入する

  • 使用された作品『ワイルド・スピード MAX』

 

Virtual diva/Don Omar

※再生ボタンで再生できます

 
ヴァーチャル・ディーヴァ - ドン・オマールをiTunes Storeで購入する

  • 使用された作品『ワイルド・スピード MAX』

ドン・オマールがアンドロイドに改造されるSFテイストなMVの曲。ぶっちゃけダセェです…。

さらにどこで流れてたのか全然わからん…。

 

La Isla Bonita/TASHA

※再生ボタンで再生できます

 
ラ・イスラ・ボニータ - TASHAをiTunes Storeで購入する

  • 使用された作品『ワイルド・スピード MAX』

実はこの曲、元々はクイーン・オブ・ポップことマドンナが80年代にリリースした曲のカバーです。今風にリメイクされてるとはいえやっぱり名曲をカバーしているだけあり仕上がりが抜群です。

 

Conteo/Don Omar

※再生ボタンで再生できます

 
コンテオ - ドン・オマールをiTunes Storeで購入する

  • 使用された作品『ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT』

よく考えてみると舞台が日本の東京で、アラバマ出身のショーンが活躍する『ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT』でドン・オマールのラテンソングが起用されるのは意味わからんよね。

 

Oye/Pitbull

※再生ボタンで再生できます

 
Oye - ピットブルをiTunes Storeで購入する

  • 使用された作品『ワイルド・スピード X2』

お祭り番長ピットブルのアガるラテンミュージックです。

ちなみにピットブルはマイアミのリトルハバナ出身。『ワイルド・スピード X2』はマイアミが舞台ですよね。日本人が見落としがちなワイスピのこういう細かいところ好きです。

 

Hey Ma feat. Camila Cabello/Pitbull & J Balvin

※再生ボタンで再生できます

 
Hey Ma (feat. Camila Cabello) - J. バルヴィン & ピットブルをiTunes Storeで購入する

  • 使用された作品『ワイルド・スピード ICE BREAK』

ピットブル×Jバルヴィンのワイルドスピードを代表するラテン系歌手にカミラ・カベロをプラスした曲。いいよねこの歌。

 

La Habana feat. El Taiger/Pinto “Wahin” & DJ Ricky Luna

※再生ボタンで再生できます

 
La Habana (feat. El Taiger) - Pinto "Wahin" & DJ Ricky LunaをiTunes Storeで購入する

  • 使用された作品『ワイルド・スピード ICE BREAK』

こちらも『ワイルド・スピード ICE BREAK』からの1曲。キューバの芸術的な都市を舞台にした本作にぴったりのラテンソングです。

 

La Romana/Bad Bunny feat.EL Alfa

※再生ボタンで再生できます

 
La Romana (feat. El Alfa) - バッド・バニーをiTunes Storeで購入する

  • 使用された作品『ワイルド・スピード スーパーコンボ』

正確に言うと劇中では使われてませんし、サントラにも入ってません。

公式TwitterがアップしたマダムM編の予告映像BGMとして使われた曲なんですが、ワイスピらしくてかっこいいラテン音楽なので一応紹介しておきます。

メキシコ出身のセクシーなラティーナ、エイザ・ゴンザレス演じるマダムM(マルガリータ)をスピンオフだけじゃなくて本流シリーズにも出して欲しい。

歌ってるのは今を時めくレゲトン歌手のBad Bunny。こりゃ本流シリーズでも歌ってくれそうだぜ。

 

最後に

いかがだったでしょうか。ワイルドスピードシリーズはラテン系に限らずサントラがカッコいいのが多いですよね。

本流シリーズとスピンオフシリーズで趣向を変えてる辺りも面白いです。次回作でもイケてるラテン音楽を聞かせてほしいですね。

このブログではワイルドスピード関連の記事をたくさん書いているので気に入ったら読者登録、またはTwitterフォローしてくださいね。

 

※今回紹介した曲はサントラアルバムをベースに紹介しています。必ずしも劇中挿入歌と一致するとは限りません。