でょおのフューリアスなブログ

ワイスピシリーズを愛するでょおの完全非公式なファンブログです

【Ozuna】について知っておきたいこと|今、激アツのレゲトンキング

どうもワイスピ大好きブロガーのでょお(@dyo_blog)です。このブログでは映画ワイルドスピードのことを中心に色々と語っております。

さてさて先日ワイルドスピード9に新しいキャストが起用されたことが発表されました。そのことを書いたツイートがこちら。

 

レゲトン歌手のOzuna(オズナ)がワイルドスピード9へ参加することが発表されました。ご存知ない方もいるかもしれませんがOzunaは今一番人気のレゲトン歌手です。

ということで今日はOzunaについてご紹介したいと思います。

 

Ozuna(オズナ)のプロフィール

Ozunaはプエルトリコ出身のレゲトン歌手で1992年3月13日生まれです。2019年現在で27歳になります。

次世代のレゲトンキングと呼ばれているほど今最も勢いのあるレゲトン歌手です。今時らしくYoutubeで爆アタリしてヒットしたラッパーですね。

甘いマスクのイケメンですが外見的な特徴といえば小柄なことでしょうか。165cmとのことなので日本人と比較しても背低いです。ヒスパニック系は身長が低い人も多いですよね。

ちなみにワイルドスピードだとドミニクの元カノ、エレナと同じくらいの身長です。ヴィン・ディーゼルと監督ジャスティン・リンの3ショットでもこのサイズ感。

www.instagram.com

 

そもそもレゲトンとは

簡単に言うとラテン系ヒップホップのようなもの。

ワイルドスピードでは最もなじみ深い音楽ジャンルといえますね。ワイスピで人気のドン・オマールの「ダンサ・クドゥーロ」やフィト・ブランコの「メネオ」なんかもその一つですね。

なので歌手というよりラッパーというのが正しい。ちなみにOzunaは単にレゲトンというよりもトラップ系が多いレゲトンラッパーです。

トラップは今ヒップホップの世界でトレンドのサウンドですね。

 

ワイルドスピード9ではサントスの息子役?

公式発表されているわけではないのですが、Ozunaはどうやらサントスの息子役として登場しているんじゃないかと思われます。

サントスといえば『ワイルド・スピード MAX』『ワイルド・スピード MEGA MAX』『ワイルド・スピード ICE BREAK』に登場したプエルトリコ系の二人組の片方です。背が高くて心配性な方がサントスですね。

Ozunaがワイスピへ参加しているということはヴィン・ディーゼルのインスタグラムによって公開されたのですが、その投稿に「youngsantos」のハッシュタグが添えられていました。「若いサントス」の意味なのでサントスの息子または兄弟などの身内を演じるのではないかと。

回想シーンのサントスを演じる可能性も考えられるけどワイルドスピードの本流シリーズで子供時代の回想シーンってのはこれまで1度もやってないので多分違うだろうと。

サントスを演じたのは同じくレゲトン歌手として活躍していたドン・オマールですね。ワイスピには俳優そしてサントラ提供と度々活躍していました。言われて見ると太眉が似て見える。

www.instagram.com

 

Ozuna(オズナ)の代表曲は「Taki Taki」

デビューしたのが2012年なのでおすすめ曲はたくさんありますが、やはり一番有名な代表曲は再生回数15億回超えの「Taki Taki」じゃないかと思います。ワイルドスピードシリーズのサントラでもお馴染みのDJ SNAKEの楽曲への客演ですが。

 
Taki Taki (feat. Selena Gomez, Ozuna & Cardi B) - DJスネイクをiTunes Storeで購入する

 

こちらの曲はセレーナ・ゴメスとカーディ・Bも参加しています。ちなみにカーディ・Bはワイルドスピード9に出演予定です。

【ワイルドスピード9】登場のキャスト17人を解説|あの人も登場!

 

他のおすすめ曲だと日本でMVを撮影した「Una Flor」。桜が咲く綺麗な時期に来日していたみたいですね。ちなみにMVではサムライっぽい人のストーリー仕立てになっています。

www.youtube.com

 
Una Flor - オズナをiTunes Storeで購入する

 

あとは代表曲のひとつ「Se Preparó」もおすすめです。魅力的でセクシーなレゲトンサウンドとOzunaのソウルフルなボーカルがぴったりマッチしています。

 
Se Preparó - オズナをiTunes Storeで購入する

 

最後に

いかがだったでしょうか。もしかするとオズナは今後ドン・オマールに代わるようなキャラクターとしてファミリー入りを果たすのかもしれませんね。キャラクターもそうですが、もちろんサントラの方も楽しみです。

このブログではワイルドスピードのことを中心に色々語っていますので興味のある方はぜひTwitterのフォローまたはプッシュ通知の受け取りをどうぞ。