でょおのフューリアスなブログ

ワイスピシリーズを愛するでょおの完全非公式なファンブログです

【ワイスピに登場する車】"BRZ"ってどんな車?リトルノーバディの愛車

【ワイスピに登場する車】"BRZ"ってどんな車?リトルノーバディの愛車

出典:ファイル:Subaru BRZ 101.JPG - Wikipedia

どうもでょお(@dyo_blog)です。

今日はワイルドスピードに登場する車を紹介する回です。今日紹介するのはリトルノーバディの愛車スバルBRZです。

『ワイルド・スピード ICE BREAK』で初登場を果たし、ブライアンの穴を埋めることはできないものの大活躍した新キャラですね。運転技術はまあ…御愛嬌ってことで。

今日はそんなBRZについてご紹介していきたいと思います。

 

BRZとは

スバルとトヨタが2012年に共同開発したスポーツカーで、スバルはBRZとして販売、トヨタは86として販売している車です。BRZは「ボクサーエンジン、後輪駆動、究極」の頭文字から来てるそうです。

スバルといえばボクサーエンジン、水平対向エンジンといっても過言ではありません。スバルの代名詞でもあります。そして2つめの「後輪駆動」。これは代名詞とは逆にスバルでは珍しいです。スバルはインプレッサ以外基本的に四駆ですから、後輪駆動車はインプレッサとBRZぐらいしかありません。

86との違いは外装、内装のデザインの他、多少セットアップが異なっているとのことです。ちなみに86の名前の由来はかつての人気車AE86(レビン・トレノ)から来ていることはご存知の通り。

スバル車は国内ではコアなファン向けの印象が強く、スバルファンのことをスバリストなどと呼ぶほどですが、ワイルドスピードシリーズでは意外と使用されることが多いようで、スバルインプレッサもこれまでに登場したことがあります。

BRZのパフォーマンス能力

スバルの水平対向エンジンを積んだ2Lの自然吸気エンジンです。馬力は200で現代のスポーツカーだと思うとちょっと非力な印象はあります。15年ぐらい前ならそんなもんで十分だと感じるでしょうけど。

2000ccで自然吸気は少々物足りないところがある気がしますが、コンパクトで軽量なところがアドバンテージになるのかもしれませんね。

2000cc以下なので国産車で多い「幅だけ3ナンバー車」になります。デザイン的な問題なのかめっちゃちっちゃい気がするんですが実際はそうでもないんですね。

デザインはかっこいい


タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.324 スバル BRZ プラモデル 24324

走りに関してはあまり良い評判を聞きませんが、デザインはかなりカッコいい分類にはいるんじゃないでしょうか。派手さや奇抜さはありませんが2ドアクーペでシンプルなファストバックです。

全長が短いので寸詰まり感があるのは否めませんが個人的にはマツダロードスターよりかっこいいと思います。ロードスターは排気量もちっさいですが車格がさすがに小さすぎ。150cm以下でないと似合いなさそうな車です。

BRZもあと2まわりほどデカけりゃなー。全長プラス40cmぐらいあればほしいかもしれません。

カッコいい車というより、カッコかわいい車だと私は認識しています。

ワイルドスピードに登場したBRZ

そんなスバルBRZがワイルドスピードシリーズに登場したのはまだたった1回。ご存知の通り『ワイルド・スピード ICE BREAK』で初登場したリトルノーバディ(スコット・イーストウッド)の車です。

リトルノーバディは明らかにブライアンの後釜として追加されたキャラクターですね。メインキャラに白人がいなくなっちゃったこともありますし。

日本車を選び、またブライアンのイメージカラーともいえるブルーの車をチョイスしているあたりもそれを感じさせます。

運転技術はまずまずですが今後も日本車を運転するキャラクターとして登場してほしいですよね。

スバルは最近もリコールが問題になっていたのでワイルドスピードシリーズからハブられなければいいのですが。

最後に

いかがだったでしょうか。最近のワイルドスピードに登場する日本車はGT-RばっかりだったのでスバルBRZが出るとちょっと新鮮な印象がありましたよね。

「GT-Rはブライアンのもの」というイメージを持ってるファンに配慮してのことなのかもしれませんが今後もリトルノーバディがBRZを運転するスバリストでいてくれることを期待したいと思います。

ではまた。

【ワイスピ】リトルノーバディの事ちゃんと知ってる?|知っておきたいすべてのこと

ワイスピミニカーのおすすめサイズは?