でょおのフューリアスなブログ

ワイスピシリーズを愛するでょおの完全非公式なファンブログです

【ワイスピ】ラムジーの事ちゃんと知ってる?|知っておきたいすべてのこと

【ワイスピ】ラムジーの事ちゃんと知ってる?|知っておきたいすべてのこと

出典:ファイル:Nathalie Emmanuel by Gage Skidmore.jpg - Wikipedia

どうもでょおです。最近迷惑メールが酷すぎるので問い合わせフォームのみでメールアドレスの掲載をやめました。ちなみに全部中国語の迷惑メールでしたよ。

さて、今日はワイルド・スピードに登場するキャストを紹介するいつものシーリーズです。このシリーズもすでにかなりの数やってますね。今回紹介するのはラムジーです。

個人的にめっちゃ美人だと思うんですが日本では評価がイマイチですね。やっぱりチリチリヘアーは日本人受けしないんでしょうか。

それでは早速、記事の方どうぞ。

 

ラムジーについての概要

本名はミーガン・ラムジー。アイスブレイクのラストでテズとローマンがラムジーのラストネームが分からないという件がありましたがラムジーが苗字やったんか。

ラムジーは超凄腕の女性ハッカーです。そのハッカーの技術力を応用して、世界中の人間を監視して探すことができるプログラム「ゴッドアイ」(神の目)を開発しました。

チームに助けられた経緯から、チームに協力し今ではチームの一員のようです。

ただまだ馴染み切れていないのか『ワイルド・スピードICE BREAK』ではドミニクのことをよく知らないという旨のセリフがありましたね。チームに新参なので過去やバックボーンもあまり詳しく描かれていませんね。

ハッキング担当としてチームに参加しており、電子機器の専門家テズとも相性がぴったりで二人そろえばまさに鬼に金棒状態。基本的に裏方で運転しません。

テズにもローマンにも興味なしって感じでしたがどうなんでしょうかね。

ラムジー役の俳優ナタリー・エマニュエルについて

そんなラムジー役を演じる俳優はナタリー・エマニュエル。実は『ワイルド・スピード SKY MISSION』が映画初出演だったようでまだまだ新人俳優といった感じです。

独特の雰囲気を持つナタリー・エマニュエルですが、母親がドミニカ父親がインド系の血を引いたイギリス人ということです。英語のアクセントは英国英語ですね。んー美しい。

ナタリー・エマニュエルの出演作品

2015 ワイルド・スピード SKY MISSION  
2015 メイズ・ランナー2: 砂漠の迷宮  
2017 ワイルド・スピード ICE BREAK  
2018 メイズ・ランナー: 最期の迷宮  
2018 タイタン  
2011 Misfits/ミスフィッツ-俺たちエスパー! テレビドラマ
2013- ゲーム・オブ・スローンズ テレビドラマ

ということでワイルドスピードとメイズ・ランナー以外は大きな出演作品はありませんね。美人だけどクセがなさすぎるので難しいのかもしれませんね。なんていうか印象薄い顔じゃん?

ラムジーの登場作品


ワイルド・スピード SKY MISSION[AmazonDVDコレクション]
  • ワイルド・スピード SKY MISSION
  • ワイルド・スピード ICE BREAK

そんなラムジーがワイルドスピードシリーズに登場したのは『ワイルド・スピード SKY MISSION』まだまだシリーズに参加したばかりです。

個人的にはラムジーが殺されてしまったりする可能性は低いんじゃないかと思います。ラムジーがいるかどうかでチームの能力は大きく異なりますし、ラムジーは新参ということもあり視聴者側のショックも小さすぎると思いますし。「ラムジー死んでもうワイスピなんか見るか!」なんて人少ないでしょ?

ラムジーの時系列

ミスター・ノーバディの組織からも目をつけられる程の天才ハッカーラムジーは世界中の電子機器すべてをハッキング、監視して人をすぐに見つけることができるプログラム『ゴッドアイ』(神の目)を開発しました。

ゴッドアイを手に入れたいサイファーに雇われた民間の軍事組織のボスであるモーゼ・ジャカンディによって誘拐されます。誘拐されているところをドミニク達のチームがアゼルバイジャン共和国で救い出します。

助けられたラムジーはジャカンディを倒すためにチームに協力。以後チームの一員としてハッキング能力を活かして活躍します。(ワイルド・スピードSKY MISSION)

ドイツでの作戦に参加したあとはドミニク奪還にも協力し、凄腕ハッカーであるサイファーとハッキングで戦ったりもしました。(ワイルド・スピード ICE BREAK)

最後に

ラムジーは今後もワイルド・スピードシリーズで活躍してくれそうですね。見せ場が少ない目なので次回のワイルドスピード9ではもう少し見せ場を作ってあげてほしいところです。