でょおのフューリアスなブログ

でょおのフューリアスなブログ

ワイスピシリーズを愛するでょおの完全非公式なファンブログです

【ワイスピ】ショーンの事ちゃんと知ってる?|実は飛行機の操縦ができる?知っておきたいすべてのこと

【ワイスピ】ショーンの事ちゃんと知ってる?|知っておきたいすべてのこと

出典:File:Lucas Black Get Low TIFF09 cropped.jpg - Wikimedia Commons

どうも、足が腱鞘炎になっちゃってここん所すげー足が痛いでょおです。皆さんも無理な運動とかしないのがいいですよ。私は運動不足過ぎてちょっとしたことで腱鞘炎になるくらいでした。

さて、今日はワイスピのキャストについて紹介する記事。今日紹介するのはワイスピ3で主人公を演じたショーンについて紹介していきたいと思います。

『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』って基本的には駄作に位置付けられているんですが、カルト的な人気がある作品であることは紛れもない事実。

ワイスピシリーズの中で3が一番好きだという人もいます。

そんな『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』のショーンについて紹介していきます。ではどうぞ。

 

ショーンについての概要

ショーンは本名ショーン・ボズウェル。母親とアメリカで2人暮らし(だと思われる)をしていました。

本国アメリカでも車好きな少年でしたが、東京に来てハンに出会い、ドリフトにのめりこんでいく少年です。

現在はロケットエンジンを搭載した車の開発に携わっています。

 

他のキャラクターと違う特徴としては、アメリカでもアラバマの出身なのでコテコテの南部訛りで話すというところ。

 

 

あと、ずっと気になってるんですが、アメリカにいた時ショーンが学校で車を整備してるんですがあれって何?車の授業があるの?それとも部活?自動車科?

ショーン役ルーカス・ブラックについて

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Lucas Black (@lucas_york_black)

www.instagram.com

そんなショーン役を演じた俳優ルーカス・ブラックは現在35歳。

『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』を撮影していたころは24歳前後ですね。(全然見えない)

大変失礼な言い方をすると二流俳優といったところで、残念ながら活躍した出演作品もそれほど多くはありません。

ショーン役ルーカス・ブラックの出演作品

1994 8月のメモワール
1996 スリング・ブレイド
1996 ゴースト・オブ・ミシシッピー
1997 走れ!僕のフラッシュ
1998 X-ファイル ザ・ムービー
1998 クレイジー・イン・アラバマ
2000 すべての美しい馬
2003 コールド マウンテン
2004 プライド 栄光への絆
2005 誘惑の囁き
2005 ジャーヘッド
2006 ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
2010 レギオン
2013 42 〜世界を変えた男〜
2015 ワイルド・スピード SKY MISSION

『レギオン』という映画ではほぼ主役級の扱いでしたね。『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』に次いで大活躍した映画だと思います。

ちなみにこの『レギオン』にはローマン役のタイリース・ギブソンも登場していますよ。

最近ではドラマ『NCIS: ニューオーリンズ』で大活躍してますね。

ショーンの登場作品

  • ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT
  • ワイルド・スピード SKY MISSION
  • ワイルド・スピード/ジェットブレイク

主人公役として登場したワイスピ3の他、時系列タイムライン的に3の次にあたるワイスピ7にも登場しました。

ワイスピシリーズの時系列について知りたい方はこちらをどうぞ。

【ワイルドスピード】時系列はコレが正解!なぜ順番が入れ替わったのか

その後、『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』ではドミニクが俺の知り合いを当たれって言った知り合いとして再登場。

どうやらロケットエンジニアになったアールの助手として現在は活動している模様。

ショーンの人生を時系列で紹介

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』の一場面

© 2021 Universal Studios.

以下、ショーンの人生を時系列で振り返ってみましょう。

『ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT』

初登場時はただの高校生。母親と一緒にアメリカに住んでいました。

度々、カーレースで事故を起こしていたようでそれが原因で引っ越しの連続。

耐えきれなくなった母親は少年院の代わりにショーンを父親と暮らさせることにしました。

父親は在日軍人で海軍の大尉。偉いさんってほどではないですがそれなりの立場ですね。ちょうど真ん中ぐらい?

 

東京で出会った高校の同級生であるトゥインキーに連れられた駐車場ではじめてドリフトに出会い、D.K.ことタカシにケンカを売った結果ハンの使い走りになります。

この時のハンはジゼルを失ってすぐ。生きる気力を失い、東京で信頼できる人間を探していました。

 

ショーンはハンの教えでドライビングテクニックを身に着けますが、ハンは弟の復讐にやって来たデッカード・ショウに殺されてしまいます。

『ワイルド・スピード EURO MISSION』

D.K.との戦いに勝利し、ハンの生前の様子をうかがいに来たドミニクと出会います。(

ドミニクとレースをしたショーンはその後、ハンの遺品をドミニクに渡します。

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』

 ショーンは現在はアール、トゥインキーと共にドイツで仕事を行っています。

彼らは政府のために車を開発しており、ポンティアック・フィエロにロケットエンジンを取り付けることに取り組んでいました。

その後、ローマンとテズが宇宙に行く際に、フィエロを軌道に乗せるため飛行機を操縦しています。

 

そして彼らは実家に帰ることにしたドミニクのBBQに参加、ショーンはハンとの再会を果たします。

ショーンの愛車遍歴

以下、ショーンがこれまでに運転した車を軽くご紹介。

シボレー モンテカルロ(1970年式)

ショーンがアメリカで乗っていた愛車です。ダッジバイパーに乗るアメフトの脳筋とレースをしてクラッシュしました。警察の取り調べ中の話では車は廃車されてしまったようです。

色はクリーム色とサフのコンビ。高校生らしくカスタム中のようですね。タイヤはまさかのスリックタイヤ仕様。

ランサーエボリューションIX(2005年式)


JADATOYS 1:18SCALE "FAST & FURIOUS TOKYO DRIFT" "SEAN'S MITSUBISHI LANCER EVOLUTION Ⅷ"(RED) ジェイダトイズ 1:18スケール 「ワイルドスピード x3 東京ドリフト」 「ショーン 三菱 ランサー エボリューション Ⅷ」(レッド) [並行輸入品]

ショーンの愛車というよりハンがショーンに貸した車。赤黒のツートンカラーでした。派手なバイナルグラフィックが貼られてて、いかにもドリ車。

東京の街の中で暴走行為をしたため警察が押収しました。

フォード マスタング(1967年式)


GREENLIGHT 1:43 "FAST&FURIOUS Tokyo Drift" SEAN'S 1967 FORD MUSTANG グリーンライト 1:43スケール 「ワイルドスピードX3」東京ドリフト ショーン 「1967 フォード マスタング」

これもショーンの愛車というよりショーンパパの愛車。ショーンがD.K.とのいざこざに白黒つけると男らしいことを言ったので、父が米軍基地で拾ってきた物をチューニングしました。

エンジンがなかったので序盤にぶっ壊したドリフト界のモナリザことS15のエンジンをスワップしました。

色はモスグリーンに白のストライプと伝統的なアメ車らしいものになっていました。ショーンは元々モンテカルロに乗ってたわけですからそもそもJDMなんかに興味のなかった層なんでしょうね。

【ワイスピに登場する車】"マスタング"ってどんな車?一番有名なアメ車

最後に

以上、いかがだったでしょうか。もしかしたら今後の続編でショーンが登場するかもしれませんね。ですがハリウッド映画というのはやはり人気俳優というものが起用されるので難しいかも。

ショーン自体は人気のあるキャラクターかもしれませんが演じるルーカス・ブラックがそれほど名前の通った俳優ではないですし、何よりすでに35歳で高校生を演じなければいけないのは相当難しい問題だと思われます。ショーンを成人年齢に達すると他のメンバーがかなり老けてることになりますし。もうスピンオフ作っちゃえよ。

ワイスピミニカーのおすすめサイズは?