でょおのフューリアスなブログ

ワイスピシリーズを愛するでょおの完全非公式なファンブログです

【ワイルドスピード】時系列はコレが正解!なぜ順番が入れ替わったのか

【ワイルドスピード】時系列はコレが正解!なぜ順番が入れ替わったのか

最近手にブツブツがいっぱいできて皮膚科に行きたいんだけど全然休みが取れてないでょおです。

さてワイルドスピードシリーズを観ていない方、またはワイルドスピードシリーズを観たけどしっかりと観ていない方は疑問に感じるであろう「時系列の順番」。今回はこれについて解説していこうと思います。

ちゃんと観てるとわかるんだけど、ぼーっと観てると意外とわからなくなるんだよね。ではどうぞ。

 

ワイルドスピード映画の公開順番の時系列

まずは映画の公開順で並べるとこうなります。

  1. ワイルド・スピード (2001)
  2. ワイルド・スピードX2 (2003)
  3. ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (2006)
  4. ワイルド・スピード MAX (2009)
  5. ワイルド・スピード MEGA MAX (2011)
  6. ワイルド・スピード EURO MISSION (2013)
  7. ワイルド・スピード SKY MISSION (2015)
  8. ワイルド・スピード ICE BREAK (2017)

まあこの順番に観ても楽しめなくはないんですが、今のワイルドスピードシリーズとして観たいならこの順番で観てはダメ。混乱の元になります。

ちなみに今のワイルドスピードシリーズ体制が整った『ワイルド・スピード MAX』以降は2年おきに公開されています。2019年に公開されるのは本流のシリーズではなく『ホブス&ショウ』のスピンオフになる予定です。

ワイスピ最新作【ホブス&ショウ】についてまとめた|公開日は2019年

脱線しましたが正しい時系列通りに並べ直した物が下記になります。

ワイルドスピードの正しい時系列

  1. ワイルド・スピード (2001)
  2. ワイルド・スピードX2 (2003)
  3. ワイルド・スピード MAX (2009)
  4. ワイルド・スピード MEGA MAX (2011)
  5. ワイルド・スピード EURO MISSION (2013)
  6. ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (2006)
  7. ワイルド・スピード SKY MISSION (2015)
  8. ワイルド・スピード ICE BREAK (2017)

ほぼ公開された順番通りなのですが3作目『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』のみ時系列が入れ替わっております。この記事ではネタバレになってしまうので詳しくは言いませんが。

なぜ順番が入れ替わったのか

この考察は憶測の域を出ませんが、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』はシリーズの中でも不人気な作品です。

まず原因は脚本にあります。アメリカ本国でJDMがいくら人気だったとはいえ日本が舞台の本作が映画的にヒットするとは到底思えません。そのせいか、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』は資金難で有名俳優を起用することができませんでした。

結果、ワイルド・スピードの名前を借りただけの別物作品に仕上がりました。

ですが当初予定されていなかった『ワイルド・スピード MAX』が制作されることになり、監督は『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』のジャスティン・リンが再度メガホンを取ることになりました。普通は戦犯として吊るし上げられても良い気さえしますが。

監督のジャスティン・リンは過去の駄作を駄作としてとどめておく事はせず、たとえ駄作でも利用して名誉挽回しようとしたのか、キャラクターに人気があったのかわかりませんが3作目で退場になったはずのキャラクターを4作目に登場させる事になりました。結果その辻褄合わせが6作目になりました。

順番が入れ替わった訳はジャスティン・リンが過去の駄作を亡き者にしたくなかったということでしょう。その理由は不明ですが。

最後に

公開順に観ても楽しめるワイルドスピードシリーズですが時系列通りに観ると混乱する事もなく、より一つのシリーズとして楽しむ事ができますよ。

当初予定されていたストーリーの流れではないので若干、つじつまの合わない気になるところもありますがそこはご愛嬌で。

噂によるとワイルド・スピードシリーズはまたこの時系列順番のトリックを行うとか行わないとか言われてます。

次回作の公開も楽しみですね。ではまた明日。

感想【ワイルドスピードX3 TOKYODRIFT】シリーズ最大の汚点な駄作
感想【ワイルドスピードMAX】不死鳥のように復活した人気シリーズ