でょおのフューリアスなブログ

ワイスピシリーズを愛するでょおの完全非公式なファンブログです

感想【ワイルド・スピードX2】ローマンとテズが初参戦した痛快娯楽作


ワイルド・スピードX2 (字幕版)

どうもでょおです。今回はこの間に引き続き「ワイルド・スピード」シリーズの感想記事第2段です。「ワイルド・スピードX2」の感想記事になります。前作と違いストリートを飛び出し、裏家業へ。ドミニクを演じたヴィン・ディーゼルからおふざけキャラのローマンへバトンタッチした作品です。それではどうぞ。

 

『ワイルド・スピードX2』のあらすじ

マイアミ。警官の職を失ったブライアン・オコナー(ポール・ウォーカー)は、ストリート・カー・レースで勝利して賞金を手にする。その直後、一斉取締まりで逮捕。しかしそれは、ブライアンを再び囮捜査の任務に就かせようとする警察の意図によるものだった。今回の標的は、貿易商という表の顔を持ちながら、実は国際的なマネー・ロンダリング組織のボスであるカーター(コール・ハウザー)。

出典:ワイルド・スピードX2 : 作品情報 - 映画.com

話自体は前作からの続編になっております。前作『ワイルド・スピード』で、ドミニクを逃がしたブライアンは名誉挽回のために、今度はマネーロンダリングを行うカーターの運び屋として潜入捜査を行います。その相棒として幼なじみのローマン・ピアースがシリーズに参加します。

『ワイルド・スピードX2』のキャスト

  • ブライアン・オコナー/ポール・ウォーカー
  • ローマン・ピアース/タイリース・ギブソン
  • モニカ・フェンテス/エヴァ・メンデス
  • テズ・パーカー/リュダクリス
  • スーキー/デヴォン青木

大きな特徴としてはブライアンの相棒、ドミニク・トレットを演じるヴィン・ディーゼルが降板し、ローマン・ピアース役のタイリース・ギブソンに変更されました。ヴィン・ディーゼルは脚本が気に入らなかったとかなんとかだったと思います。そしてもう一人ファミリーに加わるのがテズです。演じるのはラッパーのリュダクリス。その他、別の潜入捜査官、モニカ役のエヴァ・メンデスやストリートレーサーのスーキー役のデヴォン青木なんかが出演しています。

ちなみに警察とFBIの捜査官2人(トム・バリー、ジェームズ・レマー)も前作と引き続いて出演しています。

『ワイルド・スピードX2』の感想

シリーズの方向性を決定づける作品

前作の内容を引き継ぎつつも、シリーズの今後へ向けた方向性が決定した作品と言っていいんじゃないでしょうか。前作はカーアクションもありつつ、クライムサスペンスの要素もある独特の映画でしたが、『ワイルド・スピードX2』では完全にカーアクションものに振り切った作品になっています。今後、シリーズがカーアクションものとして発展していく方向性がここで決定されました。

見返してみると本作はシリーズの中で最も明るくエンタメに富んだ作品です。あまりハラハラしたり、ドキドキしたりせず純粋に楽しい作品です。(この後からシリーズは重々しい空気が増えていきます)
やはりダブル主演の相方がローマンになることでシリーズ全体にそういう雰囲気があるのかもしれませんね。

単純明快な娯楽作

なんて言うんでしょうか。ワイルド・スピードシリーズはこの作品以外、暗くて重いんです。前作ではブライアンの裏切りがあり、次作『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』では主人公ショーンの恩師、ハンが死んでしまったり、その次の『ワイルド・スピード MAX』ではドミニクが復讐鬼となっていますし。

ワイルド・スピードシリーズの中で最も明るい作品だと思います。確かにベローンと一触即発のシーンなんかもありましたが、作品全編を通してローマンの軽いノリが上手く作用しています。作品のハイライトでは車のドライビングテクニックを見せつけたり、危険な事をする訳ではなく、大量のストリートレースカーを導入してかく乱するという捜査官も唖然の展開でした。最後はベローンの金をちょろまかすという夢のあるラストがいいですね。

ドミニクファミリーは一切出てきませんが、地元の仲間たちが総動員で手助けしてくれる感じとかは個人的にめっちゃ好きです。

ド派手なストリートレースカーが見所

上述でも触れた、大量のストリートレースカーが登場するシーンはワイルド・スピードシリーズを通してもなかなか貴重な物です。カスタムメイドされた車がここまでたくさん一同に出るのはこの作品だけです。

ワイルド・スピードシリーズは『ワイルド・スピードMAX』以降はマッスルカーがメインになってくるので国産車ファンの方たちに取っては、本作や『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の方が好みなんじゃないでしょうか。

最後に

私個人的には『ワイルド・スピードX2』はシリーズの中でも好きで、おそらく一番見ています。一般的には「1>2」という形になっており、2の人気はそれほどないんですがこの映画のテンション、雰囲気は他のシリーズでは見る事ができないですからね。